立体物を正確に測ってくれる三次元測定機の活用方法

男の人

立体物を高精度で測る

作業員

細かく測定できる装置

造形物が図面の通りに仕上がっているか確認するには、直接定規などを当てて寸法を測定するなどの方法があります。しかしこの測定法ではミリ単位以下で測ることはできず、大雑把な確認にしか用いられませんでした。より精度の高い測定のために開発されたのが、三次元測定機という装置です。機器の先端に造形物に触れるためのプローブを備え、それを接触させて移動することで寸法を測定します。移動した距離は別の本体に備えられているスケールが計算し、数値を表示します。三次元測定機の特徴は、非常に精度の高い測定が可能になっている点です。わずかな距離や角度も測ることができ、生産現場には欠かせない装置とされています。以前は本体が大型のものが多かったのですが、技術の進歩により小型化されたものも登場しています。

製品の品質向上にも使える

立体物を測定する目的で三次元測定機が用いられるのは、ミリ単位以下の細かな測定ができるためです。生産現場においては、構造物のわずかな差が動作を不安定にすることがあります。三次元測定機はそういった微妙な差を確実に検知し、製品の品質を高めるのに役立ちます。測定することで得た値を、デジタルデータ化できるのも三次元測定機が多用される理由です。一般に製品を作る過程では、CADなどで設計した図面を元にして試作品が作られます。試作品の動作が悪い時でも、三次元測定機を使って寸法を読み取れば図面との違いがわかり、改善すべき点も判明します。生産工程の不備を見つけるのにも役立ちます。三次元測定機によって得られたデータと図面を比較すれば、違いを見つけて原因究明ができるからです。

徹底的に処理するアイテム

工事現場

土壌を農地として再利用する場合には残土の状態をきれいにする必要があります。そのためには残土ふるいを行う必要があります。残土ふるいは機械で行うと効率的です。費用を考えるとレンタルがお得です。また残土ふるい単純に処理するだけではなく条例などにも適合したものである必要があります。

詳しくはこちら

シーケンス制御と故障

基板

オートメーション化された工場では、PLCとも呼ばれるシーケンス制御可能な自動化システムが欠かせません。生産工程を自動化して作業ラインの無人化を実現させたPLCですが、故障の際は専門業者に修理してもらうことになります。生産終了した古い機種でも修理に対応できる業者は、多くの工場から利用されています。

詳しくはこちら

溶接から医療まで広い用途

レーザー施術

工業分野から医療分野まで幅広く利用されるレーザー技術には、個体レーザーや気体レーザーなどの種類があります。高い出力を持つ反面機械の大型化が避けられないCO2レーザーと比べ、固体を使ったyagレーザーは機械の小型化が可能です。自由度の高い光ファイバーが使える点でもyagレーザーは応用範囲が広いのです。

詳しくはこちら