シーケンス制御と故障|立体物を正確に測ってくれる三次元測定機の活用方法

立体物を正確に測ってくれる三次元測定機の活用方法

女性

シーケンス制御と故障

基板

故障時の対応

現代の工場では製造ラインが可能な限り機械化されており、産業用ロボットなどの導入も進んでいます。大半を人力による製造に頼っていた時代と比べ、製造ラインを自動化することで生産性と製品の品質向上が実現されてきました。生産ラインのこのようなオートメーション化を果たすには、製造に関わる機器を自動制御する必要も出てきます。あらかじめ設定されたプログラムに従って機械類を自動運転させるために、かつてはリレー回路が使われていました。大型の制御盤を要するリレー回路に替わり、現在ではPLCとも呼ばれるシーケンス制御可能な自動制御装置が多くの工場で使われています。PLCはコンピュータと似ていますが、一般的なコンピュータとは違ってリレー回路に基づく動作モデルが採用されています。PLCはあらかじめ組まれたプログラムに従って複数の機械を自動運転させるのに向いており、多彩な入出力装置を扱うことができるのです。工場のオートメーション化を実現させるのに欠かせないPLCも、他の機械と同様経年劣化による故障が考えられます。特殊機械に属するPLCの修理ができるのは製造メーカーの他、修理業者や中古品販売業者といった専門業者です。

生産終了機種にも対応

古くから生産ライン自動化のためにPLCを導入してきた工場では、制御盤なども古い型のモデルが使われています。現在ではそうした古いモデルの多くが生産終了品となっており、メーカーサイドでは部品が揃わない等の理由で修理に対応できない例も少なくありません。PLCの内蔵バッテリーが劣化したりすると自動運転のためのプログラムが消失し、機械を動かせなくなってしまいます。制御盤等の経年劣化によっても設定値がリセットされたり、入出力機器の故障につながったりします。こうした状態のまま自動運転を続けると製品の不良が発生する原因にもなりますので、早急な修理が必要となるのです。生産終了となった古いPLCを使っている場合でも、中古品や中古部品の入手が可能な業者であれば修理に対応できます。新品のPLCと入れ替えるには、購入費用や更新作業など膨大な予算と手間がかかることも避けられません。多くの工場では経費削減のため既設のPLCを修理する道を選んでおり、生産終了機種の修理に対応できる業者も多く利用されています。そのような業者に依頼して定期的なメンテナンスを実施してもらうことにより、故障を未然に防ぐことにもつながるのです。